開業届を提出するだけですぐに個人事業主

起業と言っても、何も大げさに考える必要はないんですよ。もちろん会社を作るのも起業ですが、実は個人事業主になるのも起業のうちだからです。会社を作るとなるとなかなかの資金が必要になりますが、個人事業主になるだけなら、特にお金は必要ありません。役所に開業届を提出すれば、その時点からもう個人事業主です。実際に仕事がなくても問題はないわけです。ですから、まずは個人事業主になって一円でも稼げるようになりましょう。すべてはそこから始まります。

会社を作るのにもそれほどお金はかからない

昔は、資本金が一千万円なければ会社が作れないなど、非常に起業がしにくいこともありました。しかし、今では政府も起業を推進しています。法律的にも起業はどんどんとしやすくなっていると言って間違いはないでしょう。一円起業という言葉が一時期ブームになったことからも分かる通りに、今ではほとんどお金をかけずに会社は作れてしまいます。登記をするために15万円ほどかかるだけです。会社は簡単に作れるので、サラリーマンに飽きたら起業をしてみてもいいでしょう。

アイデア一つで大成功も夢ではない

いいアイデアがあれば、会社もすぐに軌道に乗り始めます。中学生がアイデア商品を開発して会社を作り、その会社が年商数億円になったという話題は日本にいくらでも存在しています。しかも、今の時代はIT業界の成長がすごいです。IT関連の分野ではまだまだ誰もやったことのない事業がいくつもありますから、起業はしやすい時代に入ったと言っていいのではないでしょうか。実際、ベンチャーの多くはIT関連企業であって、しかも成功率も割と高いです。

商売を始めたいと考えた時に、一から始めるのは大変なものです。フランチャイズなら、仕入れなどのノウハウを利用することができるので、一から始めるよりハードルが低くなります。