混雑している環境にはバイク便は便利

首都圏内にいくつかの事務所を持っている企業の本社が、月次決算等の時期に各事業所から領収書類等を期日を決めて集めることがあります。首都圏内であれば公共交通機関が整備されているために、持参することも可能ですが、場所によっては乗り継ぎ等によって時間がかかることがあります。また人を送り出す余裕もないことも多く、その場合には宅配便を利用することになります。宅配便の自動車の場合は交通状況によっては時間がかかることもありその時に利用されるのはバイク便です。

急ぎにはバイク便を利用する

バイク便は降雪のない地方にとっては便利な手段と言えます。自動車便とは違い、ある程度小回りが利くために、道路の混雑状況をかいくぐり、目的地に到着することができます。またバイク便で運べる荷物の量も自動車便とは違って限られますし、種類関係のみの配達が可能です。そのため配達する場所も少なく、比較的早く荷物が到着します。首都圏のような混雑が起きやすい環境であっても避けて配達することができるために、特に急ぎの書類を運んでもらい時に利用されています。

バイク便は契約先を多さが勝負

バイク便は早く配達できるために料金も自動車便の料金よりも割高になることが多いです。バイク便を運営する側としても早く業務が終了するために数をこなすことができます。頑張るほど売上を上げることができるため、個人でバイク便を運営している人も多いです。自分のペースでこなしていけるというメリットがある反面、自分と契約してくれる先を見つけることが大変です。そのため脱サラで始める場合はサラリーマン時代に多くの企業の人と人間関係を作っておくことが最適です。

バイク便の求人は、特別なスキルを必要とせず、バイクの免許を持ち、安全運転ができれば勤まる仕事と言えます。