修理から始める自作!

人には好きなことがそれぞれありますが、電気製品の自作を趣味にしているという人も結構いるんです。「電気製品って作れるの?」と思う人も多いでしょうが、簡単な修理から電気製品の仕組みを理解していけば、決してできないことはありません。電気製品の調子が悪くなったなんていう時こそ、ちょっと器用な人なら具合の悪くなった電気製品を、まずは分解してみるといいですよ。電気製品の内部は意外にもスッキリしていて、それほど複雑な仕組みでないことが多いんです。電気製品について、座学で学ぶ方法もありますけど、分解という実作業から学べることも多いでしょうね。

テーマは「使いやすさ」と「便利さ」!

電気製品はなぜ作られているのか?といったことを考えてみましょう。疑問を持つことはとても大切なことです。なぜなのか?ということを考えることで、その物の価値や意味を知ることができるからです。電気製品は「あったらいいなあ」「あったら便利だろうなあ」というところから作られていますから、電気製品の自作をする場合は、便利にしてくる物を作ればいいわけです。電気製品の自作に取り組むなら、「使いやすさ」や「便利さ」というところをテーマにしていきましょう。

既存モデルの機能を増やしてみる!

電気製品の魅力は、その電気製品についている特別な機能であったりもします。皆さんが現在使用している電気製品は、便利だから購入したという製品が多いはずですが、いざ使ってみると「こんな機能が欲しい」とか思うことは誰にもあるでしょう。実はこういった時こそ、アイディアをひねり出す時なんですよ。良いアイディアが思いついた時こそが、電気製品の自作に取り掛かる一歩となるわけです。今持っている電気製品にあと一つ二つだけ機能を追加してみるというのも、オリジナリティ溢れる自作品になりますよ。

プリント基板設計とは電子部品を固定して配線するために必要になる電子機器の主要部品の一つであるプリント基板を設計する事です。設計者の回路知識量によって出来上がりの差が顕著に出ます。