燃料や化学薬品を保管するなら危険品倉庫

物品を保管するため倉庫をレンタルする際には、補完物にあったタイプの倉庫を借りる必要がありますね。例えば危険物の保管を目的としている場合には、危険品倉庫を選ばなければなりません。危険品倉庫には、石油や化学薬品など危険物を保管するための専用設備が整っています。もし危険品倉庫以外の場所で大量の燃料や化学薬品を保管した場合、大きな事故につながりかねませんね。危険物は十分に注意して保管用の倉庫を選ぶことが大切です。

貯蔵槽倉庫は穀物類などの保管に最適

倉庫は、食料品を保管する目的で使われる事も多いです。保管品が穀物や糖蜜といったこともあるかもしれません。その場合には貯蔵槽倉庫が保管場所の選択肢になるでしょう。貯蔵槽倉庫では、穀物類を保管するためサイロなどの設備を備えているのが特徴です。また火災や浸水に備えた設備もこのタイプの倉庫ではあらかじめ整備されているため、万が一の災害などトラブルが起こった場合でも安全に食料品を保管することが可能になっています。

低温での保管に適した設備が整っている冷蔵倉庫

保管物の中には、低温で保存しておかなければならない物品もあるでしょう。例えば水産物や肉類などの冷凍品は、最適な低い温度で保管できる設備が整っていないと衛生管理上問題です。その場合には、冷凍設備が整った冷蔵倉庫をレンタルすると品質を維持しながらの保管が可能ですよ。冷蔵倉庫はどの程度の低温で保管品を保存できるか等級が定められているため、保管しておきたい冷凍物に適した等級の倉庫を選ぶよう注意しましょう。

3PLとはサード・パーティ・ロジスティクスの略であり物流業務の形態の一つです。荷主が業者にコスト削減などを目標とし物流業務をアウトソーシングする事を指します。