まずは見極めることが大事!

仕事をしていると、確実にその仕事に向いている人と向いていない人がいます。努力は大事ですが、それ以前に能力はあります。日本人の場合は、やればできるということを小さいことから教えられていますが、能力や才能についてはあまり教わっていないのが現状です。そこで、まずは本当に自分にその仕事が向いているかどうかを判断する冷静な分析が重要になってきます。能力がなければ、いくら努力しても人の何倍も働かないと人に追いつかないからです。

人の何倍も働くことが大事

人より仕事ができる人間になりたければ、能力を見極めることが重要ですが、能力があることがわかるか、あるいは平均的な能力を備えていることがわかったら、今度は何倍も努力をするべきです。これは月並みの方法で特別なことではありません。努力をするのは当たり前だと言われそうですが、人間は怠け癖がありますので、人に勝ちたければ常に人の何倍も仕事をするという気持ちを忘れてしまうのです。楽をして出来ないかを考える前に、まずは人よりも努力をしましょう。

仕事の準備が結果に及ぼす割合は8割

準備8割という言葉があります。準備8割の意味は、その日の仕事のうち、8割を準備に当てましょうという意味ではありません。そうではなく、準備は、その日の仕事の結果の8割を左右するという意味です。つまり、準備をせずに仕事に臨めば、2割の成果しか出せないことにあります。それだけ準備をすることは重要であると言うことなのです。ですので、毎日の仕事の中で、いかに準備をするかを考えながら、時間を組み立てていきましょう。

ワークフローの利用方法を正しく理解することで、誰しも多種多様な業務の進捗状況をしっかりと把握できます。